マイナスイオン効果

空気ビタミン・長寿の素

雨上がりに散歩したり、森の中にいたり、海や滝などの近くにいたりすると、爽快な気分になります。これらの環境には空気中のマイナスイオンが多いためです。マイナスイオンを吸入すると、体内の酸性とアルカリ性が調節され、細胞の新陳代謝を促進して活力が増強します。その結果、神経安定、疲労回復、食欲増進などの効果を得ることが出来ます。

マイナスイオンは「空気ビタミン」、「長寿の素」などと呼ばれています。マイナスイオンの量は空気の清潔度を判断する重要な基準の一つです。医学界によれば、人は一日約130億個のマイナスイオンを必要とします。でも、現代の私たちの日常生活環境では、一日約2~20億個しか得ることが出来ません。マイナスイオンが不足すると、特に肺炎・気管支炎など、呼吸器系の病気を起こしやすくなります。マイナスイオンを補充すると30分も経たない内に、肺の酸素吸収量が20%に増え、二酸化炭素の排出量が14%増えたという研究結果も出ています。

酸素の吸入と二酸化炭素の排出を増強することによって、血圧を正常化し、心臓や肺の機能を改善し、精神的活力を向上させ、体内の各種酵素を活発にします。そのため、仕事の効率が高まり、睡眠が快適なものになります。

マイナスイオンには、病原菌を消滅し、空気を浄化する機能もあります。受動喫煙、空気中のほこりや塵など、悪い環境で有害な菌に侵されたときに、防御態勢が迅速に発動して免疫の役割を果たします。

肺炎・気管支炎のほか、花粉症・喘息・肺気腫・狭心症・偏頭痛・神経衰弱・糖尿病・貧血など、さまざまな病気に対して予防や治療の効果があります。

「碧璽」は、熱・圧力・摩擦などによってマイナスイオンを発します。ブレスレットは腕の動きによって軽い摩擦を生じますので、たいへん有効です。