生物発電作用

システムを回復させて体の健康を保つ

生物発電現象は細胞単位で発生します。生物学者によれば、生物体を構成するすべての細胞の個体は一台・一台のミニチュア発電機のようなものだと言います。細胞膜内外には相反する電荷があり、人体は細胞膜を通じて絶えずイオンを運び、細胞膜内外のイオン濃度のバランスを保っています。生物発電現象はその中で生じます。言葉を変えると、人体はたくさんの帯電細胞によって構成されている天然生物電池と言えます。各帯電細胞は小さな蓄電器となり、プラスとマイナスの電荷を持っています。体の具合が悪いときは、細胞のプラス電荷がマイナス電荷より多い状態にあり、正常な生物発電規則が破壊されているためです。その結果、体内の生物システムがバランスを失って乱れてしまい、不眠、イライラ、肌荒れ、免疫力衰退など、不健康な状態に陥ります。

細胞が病気の状態では、外力を借りて生物発電を正常な運転に回復させなければなりません。さもないと、病状がさらに悪化したり、新たな病気を誘発したりします。

「碧璽」の表面には常に人体生物発電に相応しい微電流が流れていて、随時、体の生物電気を補充し、調節して、病気の電位を正常に戻し、破壊された生物発電システムを回復させて、体の健康を保ちます。